きょうの仲間たち~新光技研のスタッフブログ

仕事モードも休日モードも織りまぜて、気まぐれにつなぐ新光技研のスタッフブログ。

時事ネタ:小学校の卒業式

地元の小学校は、きょう 卒業式

小学校での最後の授業になるこの日は、

卒業する子どもだけでなく

親も教師も階段を一段上る、節目でもある

 

 

入学式ではランドセルがとても大きく感じたが

卒業式のころには、生意気な口をきいてくる

 

どうかすると、とっさには言い返せないこともある

これを成長したと思う余裕のない親が

なんと多いことか・・人ごとではないぞ・・・ 

 

 

 

 

 

 ここから時事ネタ(笑)

 

ここ数年、小学校の卒業式に

はかま姿で出席する女子児童が増えているという

 

そういったニュースを、

どこかのテレビや新聞が取り上げると 

各社・各誌も続くわけだ  C= (-。- ) フゥー

 

f:id:shinkoh-giken:20190320144021p:plain

某小学校の卒業式(livedoor.blogimgより引用)

 

 

傍観者の立場では「ほぉ」という感想

だが

いろんな視点での賛否両論が賑やかしい

 

〈賛成派〉

晴れ着姿を見られるチャンス

和服へのハードルが、振袖より低い

「個性」を発揮したい本人や家族の意向

 ・・・

 

<否定派〉

「着れない」子が劣等感を持ち、卒業を喜べない

袴や着物に不慣れなために起きる事故やトラブル

準備期間と費用の問題

成人式のような華美化

・・・

 

( ̄~ ̄;) ウーン

 

個人的な感想を言わせてもらえば

卒業式を「最後の授業」と捉えたとき、

はかま姿が最適なのかな~ 

これは「小学生」だから思うことであって

大学の卒業式の袴に言及するつもりはない

自分でも矛盾してると実感するな~

 

 

(# ̄З ̄) 

 

 

 

次のキリ番は、いつ?

会社ホームページの端っこに

設置してあるご訪問数のカウンター

 

f:id:shinkoh-giken:20190319110554j:plain

ご訪問者数のカウンター

数年ごとのページ リニューアルの際にも

カウントはしっかり引き継いできたのに

少し前の 「5」が並ぶタイミングには、全く気付かず。。

・・・・・(*´Д`*)ー

 

 

 

次のキリ番は1600000 かな?

何日くらいで到達するのかな~?

 

 

記念の瞬間にご訪問いただいた方への、キリ番サプライズは用意できないけれど

多くのご訪問をいただいていることに、感謝 ('-'*)♪

 

Thanks  ♪♪♪ d(⌒O⌒)b♪♪♪ Thanks! 

 

 

 

 

受付嬢たち

2階にある事務所のドアを開けると、正面に受付嬢がいる

 

f:id:shinkoh-giken:20190226164605j:plain

受付嬢_その1

そう、コップのフチ子から派生した彼女、ソコ子さん

ソーラートイを使って、

左右に首振るウェルカムボードでお迎えしてます

 

数年前に発売されて、

コップの縁に座ったりぶら下がったりしているフチ子が

コップの底に移籍したソコ子シリーズの1点

勤続 4~5年の立派な受付嬢です

 

 

 

 

で、その横に置いてあるのが ↓

f:id:shinkoh-giken:20190226164423j:plain

フチ子いろいろ

観葉植物の鉢やら枝に連なるこの娘たち 

年々消えていくので、過疎化が進んでいます(笑)

 

 

 

 

お客様に面白がっていただいてるのが

f:id:shinkoh-giken:20190226163837j:plain

フチ子-温泉バージョン

足湯をしているフチ子と「アイツ」

 

うつむき加減だから正面撮り  ↓ 

f:id:shinkoh-giken:20190226164203j:plain

フチ子と「アイツ」

 

どれもこれも、在籍 4~5年のシリーズだけど、

クスッと笑える瞬間をどうぞ  (▼∀▼) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成図書

先月の納入機について、現在「完成図書」の真っ最中

最終的なデータを揃えています

 

うちの会社が作るのは、全くのオリジナル製品なので

「完成図書」に遭遇するたびにちょっとした騒ぎ(笑)になる

 

用意してあるテンプレートは基本項目のみ

 ・一般的な安全のための遵守事項

 ・リスト類のひな形

 ・基本的な点検表

 ・保証条件など

 

 

完成図書の一部

完成図書の一部



せっかくの機械を安全に、長く使っていただくためには

製品ごとに注意事項も点検項目も追加されていくわけで

操作方法に至っては、イチからスタートせねばならない

 

少数精鋭・多能工とはいえ、設計や電気の担当者が

CADではなく終日文字入力に追われるハメに・・・

。。゛(ノ;▼▼)ノヒィー

 

 

 

 

 

・・・……(-。-) ボソッ

・・・ だれか、手伝ってくれないかな~ ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ

昨年から製作していた設備を、

いよいよお客様工場に納入です

 

f:id:shinkoh-giken:20190118080252j:plain

ロボット導入設備です

 

 

 

複数のコンベアとロボットを駆使し、

レトルト処理後のパウチ・デパレタイジングから

出荷のパレタイジングまでの設備です

 

今日までに搬入・据付工事は終わっているので

納入設備や前後工程との調整が待っています

 

ゴールは目前!

 

 

 

 

 

豚コレラ

昨日になって読んだ、読売新聞のコラム「編集手帳

 

"f:id:shinkoh-giken:20190220085345j:plain:w400

2018編集手帳

 

養豚する側も

コレラに罹った豚も、

コレラの感染なんてことは決して望んでいないだろうし

症状が出ていないのに「処分」される豚も、

不本意と思っているに違いない

 

一消費者の立場では、

安全な素材を求めることは間違ってはいないと思う

 

けれど、

コレラに感染した豚舎だけではなく、

感染の可能性のある近隣豚舎の豚も

「処分」とは、胸の痛む話だが

 

それよりも

この作業に関わった方々には、

辛く、カウンセリングが必要な作業と察する

食物連鎖で生きている身ではあるが

必要以上の殺生はすべきでないと考えるが。。

 

「処分」のニュースは流れても

どんな様子なのかは世に知らされない

「報道するまでもない」ことかもしれないのだろうか

 ( ̄~ ̄;)  ウーン (-_-)

 

 

 

 

コレラに関する農林水産省のページには

    • コレラウイルスにより起こる豚、いのししの熱性伝染病で、強い伝染力と高い致死率が特徴。

 

 豚コレラは、豚やいのししの病気であって人に感染することはなく、仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。(2019.2.19 農林水産省担当:消費・安全局動物衛生課)

 

 

「強い伝染力と高い致死率」の病気が、人間界?にあれば

罹患者は殺処分にはならない と思うのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷惑な迷惑メール


今月になってからかな~

↓ スマホに こんなメールが届くようになったのは・・・

しかも、日に何度もお出ましになる ((( ̄へ ̄井) フンッ

 

 

f:id:shinkoh-giken:20190208124146p:plain:W500

迷惑メール

 

 

深夜に「5分以内に配送」はないだろう? 

と独り言で 突っ込んでみる

 

そうすると昼にもまた届く [\/]  

 

 

 

f:id:shinkoh-giken:20190208123701p:plain:W100

 

差出人やリンク先が よく似ているから同一人物なんだろうな~ 

迷うことなく削除するけど、ヤツ(発信者)はヒマなのか必死なのか???

 

 

f:id:shinkoh-giken:20190312173012j:plain

迷惑な迷惑メール

 

 

 

 

まったく、迷惑な迷惑メールだよ!!!